FC2ブログ

良いこともありました

雨が降ったりやんだりの日。
夫は出勤日。

あんだけ、「亭主元気で留守がよい」と
夫の不在日を喜んでいたのに・・・

今の心境は一人になると悲しさが倍増するから、
クソジジイでもそばに居って欲しいなぁです。

そんな悲しい時に当選ハガキが届きました。

2102261.jpg

どうせ、当たらないやろなと思いながら
1月に申し込んだ文楽の解説と公演。

2102262.jpg

ちょっと、気分転換ができそうで
楽しみです。



千の風になって・・・

妹との別れがこんなに早く来ると
思っていなかったので、
いろいろなことを思い出して涙が枯れることは
ありません。

私は姉と姉妹ケンカをよくしましたが
妹とはケンカをしませんでした。

妹は私たちのケンカする姿を見て
「なぁ~んや、あんたら、ええ加減にしぃ~やぁ」と
いつも冷静で、隅っこで本を読みながら笑っていました。

お姑さんが痴ほうになっても、
お姑さんにあわせて、ままごと遊びを
しているように笑いながら接していました。

そんな優しい妹だから仏陀の弟子に
早くなってしまったのかも。

亡くなった日、お通夜の日、お葬式の日、
翌日も好天気で暖かく、妹の優しさが
お天気にもあらわれていたように思いました。

私はかねてから、高齢者に乳がん手術後の
抗がん剤って、ほんまに必要なのか?
と疑問に思っています。

妹の死因は抗がん剤による間質性肺炎でした。

抗がん剤を受けなければ、
今も元気で普通の生活をしているだろうと
残念で仕方がありません。

そして、抗がん剤を中断した去年の夏以降、
「スッキリせぇへん」と言ったとき、
別の病院で診てもらうことを強引に勧めたら
よかったのにと。

病院や医師選びも生死を分けることが
あるから、

(私の経験ですが、私は病院を変わって
好転しました)

病院や医師選びに時間を惜しまず、
とことん調べた方がよかったかと。

和歌山では大学病院につぐ大きな病院だったので、
妹も義弟も信じ切っていたようです。

色々考えると残念でなりませんが、
今頃は息苦しさから解放され

「泣かんといて!楽になったわ!
千の風になって遊びにいくから」と
言っているかも。

心地よい風が頬にあたったとき、
妹がそばに居ると思うようにしましょう!

泣きたいときには泣いて、
残されたものは妹の分も一緒に
少しだけでも前に歩まなければ・・・

悲しいよ~しばらくお休みします

今日、妹が永眠しました。
もう悲しくって悲しくって涙がとまりません。

両親の時はそれなりの覚悟があったので、
耐えることができましたが
妹の死は自分の心をどうもっていったらよいか
わかりません。

妹だから私と姉を見送ってくれるものとばかり
思っていたから気持ちが動転しています。

もともと肺が弱かったので、
抗がん剤に耐えられなかったようです。

もう何もやる気なしで、
ただ、涙があふれるだけです。

今は妹らしい綺麗な死に方だったと
思うようにしています。

老いて醜態をみせることなく、
下の世話にもならず、
綺麗なまま逝ったねと褒めてあげたいです。

乳がんの手術をして1年半。

毎日、しんどかったね。
よく頑張ったね。
もう、楽になりなさい。
と言ってあげたいです。

そして、夫婦仲もよく、何不自由なく暮らし、
自宅の隣に娘が住んで、孫も大きくなり、
にぎやかな幸せな人生だったねと。

私は妹のような綺麗な死に方ができず、
あちこち病を持ちながらも、
老いの醜態をさらし、悪態をつきながら生き延び、
子供たちを困らせるに違いありません。
自分の最期が怖いです。

ちょっとだけでも、理性のあるうちに、
ちょっとだけでも、綺麗なうちに、
妹や母が迎えにきてくれないものかと。

心の整理ができるまで、しばらく
お休みさせていただきます。

ごめんなさい。
コメント欄も閉じさせてください。


クソジジイの変化。

最近、ホンマに不具合が多くなってきました。
昨秋、片耳が全く聞こえなくなってから、
耳の不調が続いています。

今まで「僕、やったことがない」と逃げていた
クソジジイも次々病気になる私をみて、
「えらいこっちゃ!」と思うように
なったのか、

家事にも協力するようになったし、
食事の準備にも参加するようになって、
優しい言葉も言うようになりました。

今夜は餃子。
夫に「包むの手伝ってくれる?」と言ったら
「ああ、ええよ!やってみるわ!」と。

以前なら「僕、やったことないから、ようせんわ!」
だったのに・・・
変わってきました。

夫が包んだ餃子です。
餡が少なめですが、
手伝ってくれるだけ上出来です。

2102181.jpg

焼き上がりました!!

2102182.jpg

クソジジイは何もせん奴、
冷たい奴と決めつけていましたが、

人間って変わろうと思えば
変われるものだと
最近になって思っています。



おかいさん

寒い一日でした。
毎日、1時間以上、散歩しているのですが、
今日はあまりにも寒くて、
風邪をひいたら何をしているかわからないので、
40分ほどで引き上げました。

寒いなか歩いていると・・・、
病気じゃないけど、久しぶりに『おかいさん』を
食べたくなりました。

作る者の特権で
クソジジイに「今夜、おかいさんやでぇ」と

そして、二人でおかいさんの話をしました。
夫は兵庫の小野市、私は和歌山市、
同じ関西出身ですが、方言は少し違うようで、
夫は『おかゆ』と言っていたそうですが、
私は『おかいさん』

小さい時から、『さん』や『ちゃん』ですが、
夫のところは言わないそうです。
『飴ちゃん』『お芋さん』『お揚げさん』
大便でも『うんこちゃん』でした(笑)

電気釜で予定通り『おかいさん』が
出来上がりました。

2102171.jpg

腎臓が悪い私は塩サケなど
あまり食べないのですが、
今夜は塩サケを焼いて食べました。

お粥も塩サケも久しぶりに食べると
美味しかったです。

プロフィール

ぶーちゃん

Author:ぶーちゃん
ヨガ大好き。
食べること大好き。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR